読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そばかす専用クリーム

そばかすを消す方法、専用クリームについて

肌の老化、実は10代から始まる

原因

お肌の老化は意外に早く始まっている

f:id:master-of-piano:20160913200111j:plain

美しさの追求はあきらめることのできないものです。
しかし、お肌の老化は意外に早く始まり、若さからくる単純な美しさは簡単に失われていきます。

 

一般に25歳はお肌の曲がり角などといわれていますが、実際には、10代後半で肌の老化はすでにスタートし、肌のキメが荒くなっていきます。これが老化のサインなのですが、なかなか気づきにくいものです。

その理由は、10代の前半は、代謝が活発すぎて、皮脂の分泌過多によるトラブルが起きやすいからです。青春の象徴であるニキビは、皮脂腺が詰まり、雑菌が入り込むことによって起こります。この時期にはお肌にハリがありすぎて、化粧品をはじく感じがするでしょう。お化粧のノリから考えて。お肌のコンディションはあまりよくないと思う人が多いのかもしれません。

 

しかし、ハリとにきびが治まり。化粧がしっかりできる肌質になったと思ったら、今度は既に老化が始まっているのですから。なんとも皮肉なものです。

20代までにお肌のトラブルを経験した人は。20代以降はお肌の安定を感じるでしょう。しかし、その安定は一瞬でその後下り坂を降りていく右肩下がりの安定です。そのまま歯止めをかけないと、25歳くらいから。今まで気づかなかったお肌の衰えが一気に目立ってきます。

 

この時。慌てて化粧品を切り替える方もいるようです。基礎化粧品重視で刺激の少ない化粧品を使用するようになるなら、それでよいでしょう、しかし、衰えてきた肌を隠すために、隠ぺい力の強い化粧品に変えると、後で後悔することになります。

「日本人の女性は素肌は人にさらしてはいけない。それがエチケットだ」
 などと古臭いことを言う人がいます。しかし、それは、いかにも男性がいいそうなセリフです。

 

化粧を塗ることによる肌の負担がまったく考えられていません。自分の彼女や奥さんがいつも化粧をしていて綺麗な顔を見せてくれるとよい、というのは勝手な願いというものです。お肌のことを考えるならヽむしろ、いかに化粧の量を減らすか、今の肌をいかにして維持していくかに気をつけるべさでしょう。

 

私からいうのもおかしなものですが。そんなに男性の要望ばかり聞いていても、よいことはないかもしれません。いうまでもなく、あなたのお肌は、あなた自身のものです。塗るより落とせを実行して、健やかさを保ってください。

美容外科は料金が高くてあたりまえ

エステ 病院

美容外科は料金が高くてあたりまえ

f:id:master-of-piano:20160913194721j:plain

シミ、ソバカス、ホクロをきれいにとりたいのなら、皮膚科ではなく、別の病院に行くのが一般的です。

 

美容外科でみてもらう、これはなかなか贅沢なことです。
美容外科での診療は保険の範囲外になります。だから値段は当然、高くなります。そのかわり、お医者さんは仕上がりの美しいシミとり治療をすることを約束してくれるわけです。

皮膚科と美容外科、同じお医者さんですが、一般のお医者さんである皮膚科と美容外科は大きな違いがあります。

 

一般的なお医者さんは、広告を出すことができません。しかし、美容外科など、美を追求する病院なら、テレビCMもオーケーです。歯医者さんでも、前歯をきれいに直してもらおうとすると高い料金になります。顔も同じです。高い料金にびっくりしないでください。

保険診療以外については、お医者さんが料金を決めることができるのです。腕に自信のあるお医者さんなら、当然高い料金になっているでしょう。診療に先立って、見積もりを出してもらったほうがいいでしょう。

 

また、美容外科などの場合は、美しくなることを約束して料金設定がされてい
るので、目立つ傷跡が残った場合は、契約違反となります。なかには手術が失敗して、シミやしわなど残っているのに泣き寝入りしている方もいらっしゃいますが、その必要はありません。

高い料金を払うのですからそれなりのサービスの提供を求めてください。

どのお医者さんがいい腕を持っているのかは、なかなかわからないものです。また、手術がどんなに痛いかも想像がつきません。

ホクロの手術の場合は皮膚に麻酔注射しますが、顔は神経の集中した場所。麻酔の注射そのものがかなり痛いようです。

 

ちなみにオゾン放電によるシミ、ホクロとりは、我慢できる範囲の痛みですので、麻酔は必要としません。まったく痛みがないとはいいませんが、チクチクする程度と考えてください。

「永久脱毛や美容器を使った肌のマッサージは、医師の手によって行われなければ危険ではないか」

そんな素朴な疑問を持つ方もなかにはいらっしゃるでしょう。

しかし、実際には、安全なやり方をすればお医者さんの手を借りる必要はありません。

そもそもシミ、ソバカス、ホクロは病気でしょうか。皮膚ガンなどについては医師以外がいじるわけにはいきませんが、オゾン放電でシミをとるのは治療で
はないのです。

 

ホクロをとり除き、肌のトラブルをなくすことができるところは数少ないというのが実態です。

皮膚科へ通っても肌は綺麗にならないのでしょうか?

病院

病院病気を治しに行くところ、ビューティサロンではない

皮膚科のお医者さんにシミやホクロを手術でとってもらったとしたら、手術跡ができてしまう場合があるかもしれません。美しさは、医療の範囲ではないからです。

f:id:master-of-piano:20160912155113j:plain

 

だいたいお肌は手術しても、アフターケアがなければ、きれいにはならないものです。医者だから万能だと考えている人がなかにはいますが、それは医者を買いかぶりすぎています。できることとできないこと、得意分野と不得意分野は、医者に限らず誰にでもあるものなのです。

「お医者さんでホクロをとってもらったら、もっと目立つ傷跡が残った」
「とれたと思った場所にまたシミやホクロができてきた」
「きれいにとってもらえたけど、びっくりするほど高い費用がかかった」

こういう話は決して少なくありません。
むしろ、そんなに驚くにはあたらないといえるでしょう。

 

お医者さんのホクロ、シミとりについて勘違いしている人が多いのです。

保険診療の範囲内では、手術の仕上がりがきれいかどうかは問われません。
保険診療の範囲内できれいにホクロをとってくれるお医者さんは、サービスがよいぐらいに思ったほうがよいでしょう。お医者さんは美を求めるアーティストではなく、健康の追求者なのです。もしきれいにホクロがとれたとしたら、あなたは幸運に恵まれていたということにすぎません。

 

手術の後、シミやホクロがまたできたからといって、決して、お医者さんが手術を失敗したわけではありません。深い場所にできているシミやホクロは、とったと思っても、また肌の奥深くから浮き出してくることがあります。

絶対に再発しないことを約束して治療したのでなければ、お医者さんに責任は問えません。シミやホクロができるたびに、とってもらうしかないでしょう。少し理不尽な気もしますが、お医者さんは風邪を治してくれても、今後、絶対に風邪にかからない体質にしてくれるわけではありません。

 

肌のことをよく知っているお医者さんなら、それぞれにあった手術をして
くれるでしょうが、保険診療の範囲内でできる診察、治療は限られています。
 
お医者さんは、精一杯努力しています。しかし、その努力は、患者の命と健康を守ることであって、美の方向には向いていないのです。あんまりお医者さんに無理はいわないでください。

日焼けサロンは肌に悪いのでしょうか?

原因

随分前から、街に日焼けサロンがたくさんあります。日焼けサロンでの日焼けは肌にいいのでしょうか、それともよくないものなのでしょうか。

 

 

結論からいえば、日焼けした後で、もとの肌の色に戻すピーリングまでやってくれる日焼けサロンなら、大きな肌のトラブルを心配することはありません。
 
確かに、太陽光に含まれる紫外線は肌の細胞を傷つけます。
紫外線のメリットはビタミンDの生成だけともいわれているくらいです。

若いころの日焼けは、肌の問題につながらないことが多いのですが、お肌の曲がり角を過ぎてからの日焼けは、シミ、ソバカス、ホクロとしてトラブルを引き起こすことがあります。さらに、紫外線によるお肌の老化という歓迎されない皮膚の変化も起こします。

 

しかし、最近は日焼けの研究が進み、日焼け用の機械で、安全に日焼けをすることができるようになりました。日焼けサロンでの日焼けは、自然の日焼けとは違います。肌への悪影響が大きい紫外線Bと呼ばれる波長の光をカットしているからです。

若いうちに日焼けサロンに行くのなら、新陳代謝も活発ですから、問題はありません。

お肌の曲がり角を超えてからの日焼けはあまりおすすめできません。日焼けした肌をもとの色に戻すために時間がかかるからです。また、部分的に黒い肌が残ると、シミになります。日焼けした褐色の肌をもとのもとに戻すピーリング(古い角質層を落とす処理)が必要です。

 

ここまでやってはじめて、本当の日焼けサロンなのですが、利用者の多くが、日焼けだけをして、その後、日焼けサロンに足を運ばなくなります。これでは、若いうちでも肌のトラブルが発生することは十分に考えられます。

必ず、後のケアをする、これが美顔・美容を成功させるコツです。

 

ただ、安い料金で日焼けさせてくれるだけの日焼けサロンでは、日焼けした後のケアがおざなりになりがちともいいます。長らく景気がよくないので、「激安」の二文字に心を動かされるかもしれませんがしかし、あなたの肌はヽ傷ついても取り替えが効かないものです。

アウトレットの洋服なら、気に入らなければたんすの肥やしやオークションに出して終わりですが、肌につけるものは後悔先に立たずです。

 

多少、サービス(技術)料は高くても、もとの自分の素肌の色をとり戻すまで面倒をみてくれるエステサロンをおすすめします。後でお肌のトラブルが起きないのですから、実はちょっと高くても安上がりです。

もし、トラブルが起きて皮膚科の病院に通うようになったら、値段の差額なんてすぐに吹き飛んでしまうことをお忘れなく。「安物買いの銭失い」という言葉がありますが、ことお肌に関しては、失うものは銭だけではありません。お金に換算できないあなたの美しさを守ってください。

f:id:master-of-piano:20160912153440j:plain

ただし、エステサロンで、ピーリングをしても、シミ、ソバカス、ホクロが消えることはありません。ここに普通のエステサロンの限界がありますので日焼けもほどほどに。

気が向いた時だけのエステサロンは無意味

エステ

エステに行かれる方も多いと思います。

たまに行く
毎月、行っている
 

f:id:master-of-piano:20160902193810p:plain


いずれも、不十分です。エステは3日に1度、長くても毎週行くようにしないと効果はありません。そんな頻度ではお金が続かない、あるいは忙しくて行けないという方も多いでしょう。

顔に限っていえば、エステサロンではなく、自宅でホームエステを使ったほうが理想的なお手入れができます。エステサロンよりも時間がかからず、深夜でもできることは、働く女性にとっても便利でしょう。同じ洗顔にしても、人間の手ではできない1秒間に100万回という振動で肌の汚れを落としていきます。

また、家庭でピーリングをすれば、卵の薄皮をはいたようなツルンとしたきれいな肌がその下から現れます。汚れは、古い角質と一緒に洗い流します。さっぱり落とす方法としてこれ以上のものはないでしょう。

多くのエステサロンがオイルを使ったマッサージを行っていますが、お肌の汚れは落ちても、オイルそのものが肌の奥に残り、悪影響を及ぼす可能性があります。オイルをきちんと洗い流さないようなお店では、お肌のもともとの汚れより、残ったオイルのほうがお肌によくないことが懸念されます。きちんとした処理をしてくれるお店を選んでください。

マッサージしてもらうのが気持ちいいからエステに行くという方もいるかもしれません。しかし気持よさだけで肌は美しくならないことは覚えておいてください。肌がすべすべしているのは実は残ったオイルのせいだったら、それは後々肌に良くない結果を招きます。本当にいい肌になったか鏡を見て確認してみるとよいでしょう。

お肌のことを考えれば、中途半端なエステ通いよりも、家庭でしっかり洗ったほうが効果的です。

肌が丈夫で、すぐにホームエステに挑戦するほど美に対する意識が高まっていないのなら、せめて、洗顔には今まで以上の時間をかけるとよいでしょう。クレンジングでふきとった後、しっかり洗い落とす。基本的なことですが、これができていない人が意外に多いものです。